Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ツイッターでお知らせ
New Entries
Category
お気に入りリンク
九州の郷土料理と簡単まかないレシピ
きいろいことはいいことだ
Myブログのキーワード
カテゴリで探すより便利なキーワード検索
 ・ MyPC作業 Windows7 WindowsXP WindowsVISTA ノートPC デスクトップPC  
・ 映画 あとりえ 図書館 講座 散歩 カメラ デジカメ リコーダー
・ ネイチャー ごはんの木
・ 友人 病院 頂き物 髪をカット F5
・ 外食おやつデザート ランチ 昼食 朝食
・ チキンソテー 京都の筍 カレー 寿司 干しエノキ 大根
・ オリンピック
・ LAN-HDD You Tube RSSフィード
・ Amazon
Archives
Links
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
人気記事

URLエンコード
mobile
qrcode
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大豆:イソフラボンと鶏むね肉:イミダゾールジペプチド
2019/6/18 (火) 曇時々晴 19/28℃  ⇒ 今日のつぶやき

大豆煮豆を器に山盛り、これって大豆のとりすぎでは?
と調べたところ、全然大丈夫そう。
むしろ、大豆(イソフラボン)を毎日必要量撮っていないほうが心配なくらい。
大豆イソフラボンの持つ働きは、骨粗鬆症を防ぐ。悪玉コレステロールを下げる。肌を美しくする。
食品安全委員会は、大豆イソフラボンにおける一日の摂取目安量の上限値を70〜75mgと定めています。また、閉経後の女性に限定し、さらに30mg/日なら上乗せして摂取しても問題ないとしています。

参考
・ 1日75mg(アグリコン)を目標量に―つまりはどう摂れば良いの?―
・ 大豆イソフラボン
・ あなたは大丈夫?大豆の食べ過ぎによる影響&一日の摂取目安量
イソフラボンの含有量(100gあたり)
大豆……約248mg
木綿豆腐……約40mg
絹ごし豆腐……約38mg
味噌……約59mg
醤油……約1mg

どんなものでも食べ過ぎればカロリー過多により太る可能性があります。
カロリーをきちんと把握し、適切な量を食べるようにしましょう。
大豆のカロリー(100gあたり)
乾燥大豆(国産)……422kcal
ゆで大豆(国産)……176kcal
いり大豆(黄大豆)……439kcal
蒸し大豆……205kcal


    〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜

鶏の胸肉 が、いいらしい。 よく食べています!
「イミダゾールジペプチド」 イミダゾールジペプチド - Wikipedia

疲れには栄養ドリンクより 鶏の胸肉 だ
イミダゾールジペプチドが含まれる食品は、
鶏ムネ肉 鮭缶 サバ缶 ツナ缶
体内で一旦分解、脳内の疲労中心部位まで届く
イミダペプチドは再合成のしくみをもっているため、脳の自律神経でピンポイントに作用するのです。
鶏の胸肉は、イミダペプチドが多く含まれているので、食材としてふさわしいといえます。イミダペプチドは熱に対して安定的なので、焼く、煮る、炊く、どんな調理をしても摂れます。ただし、水溶性なのでスープにするときはスープを飲んでください。それと直火焼きによる焦げは体によくないので、気をつけたほうがよいと思います。


    〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜

体にいい食材を調べたら 楽しくお食事。

昼食
採れたてシュンギクのスープ、カラフル焼きそば

DSC_7306_0618昼-とれたてシュンギクのスープ、カラフル焼きそば_400.jpg


エノキやカツラの木について調べます。
 ⇒ カツラの木でしょうか 〜 Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ 大きな木はエノキのようです。(シダレエノキ情報も) 〜 Myブログ「Niwa niha Hana」

これらの木が植わっていた公園の樹木マップを作りました。

夕食
麻婆豆腐、ピーマン昆布和え、ちくわのスープ、雑穀ごはん

DSC_7309_0618夜-麻婆豆腐、ピーマン昆布和え、ちくわのスープ、雑穀ごはん_400.jpg


夜は TV・録画を見る

・ BS日テレ 「ぶらぶら美術・博物館」 火曜 20時〜
 
posted by: トレモロ | ☆健康と怪我や病気 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:51 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック